トップへ戻る

偽文士日碌

四月六日(火):1331-1332

「にぎやかな未来」がファンの間で話題になっている。最近のテレビ
を見ていると、なるほどなと思う。各局、流す映像に困っているのだ
ろう。
「残像に口紅を」も今になって評判になっている。失われて行くもの
への哀悼の念が今の現実に重なるのであろうか。
 それにしては「コレラ」があまり出てこないな。あはは。
 塩田武士は「騙し絵の牙」を書いた時におれと対談したのだが、あ
の主人公に当て嵌めた大泉洋がそのタイトルの映画に主演している。
映画は見ていないのだが、見てきた人によると文壇パーティの場面で
國村隼が俺そっくりのメークで登場するらしい。
 平野甲賀が死去。タイトルだけのデザイン。表題に全てを込めてい
て、素晴らしい装丁家だった。「深夜特急」が有名だったが、おれの
本は「ロートレック荘事件」と「邪眼鳥」。
「お時さん」掲載の「新潮」が送られてきた。坪内祐三のことを書い
た佐久間文子の連載第一回を読み耽ってしまう。佐久間さんには朝日
新聞連載中にずいぶん世話になったし、坪内さんともよく会った。内
藤誠「酒中日記」で共演したかったなあ。
 民主党、民主党、民主党の本来は、粳の小米に寒ざらし、ちゃんち
きちんすけてんてん。あははははははは。よく読んどるなあ。
 北朝鮮がオリンピック不参加を表明。誰も怒らないのが可笑しい。
ページ番号: 1331 1332

「前のページへ」をクリックすると、ページがめくれます。 次回をお楽しみに